キャバクラはシャンパンで稼ぐ!ボトルをおろしてもらう方法

Champagner zum Fest   売上を上げるためには、シャンパンなどの高級ボトルをおろすタイプかどうかを見極めるのが重要。キャバクラのシャンパンはとっても高価なお酒なので誰でも下ろせるものじゃないのも事実。シャンパンは以外と酔うので、自分の特性を知ることも大切です。 記念日にシャンパンをおろしてもらう事は割と簡単ですが、何もない日にボトルをいれてもらうのは、お客さんによっては難しかったりします。 お客さんはハウスボトル(お客さんが無料で飲めるお酒、キャストは飲めません)があるので、無理にボトルをオーダーする必要がないんです。けど実はボトルをいれることは、女の子にはもちろん、お客さんにもメリットがあります。そのことを上手に伝えながら積極的にボトルキープしてもらうようにしましょう。 今日は誰でもすぐに実践できるボトルをいれてもらうための会話テクニックをサクッとご紹介します。

ボトルを入れてもらうメリット

お客さんのメリット

お客さんはドリンクを何杯も飲まれるよりも、ボトルをおろしているほうが、結果的に安くつく場合が多いです。 何より自分の好きなお酒が飲めます。

キャストのメリット

一度ボトルをキープしてもらえると「ボトルが残ってるからセット料金と指名料金だけで楽しめるな」とお客さんが考えるので、来店しやすくなります。特に月に1回から2回の来店頻度の少ないお客さんにボトルを入れてもらうと、それだけで来店頻度が上がることもあります。 そして、ほとんどのお店には「ボトルバック」があります。これは時給とは別にボトル代金の10%~15%程度がお給料になります。 更に一度ボトルをおろすと、空くたびにボトルをおろしてくれます。定期的にボトルバックを得ることができます。 ポイントや成績、売上のためにボトルをねだっても、お客さんは良い風に思ってくれません。むしろ悪い印象を与えます。 損得の部分もさらっと伝える程度にして 「波平さんと喋ってたら楽しくなっちゃって、つい一緒に飲みたくなるんだけど、一杯1,000円もするから、いつも遠慮しちゃって頼みにくいんだ。。。」 の部分が重要です。

注意点

もし貴女が焼酎やウイスキーなどのお酒が嫌いで、そのことがお客さんに知られるとこの作戦は使えません。お客さんも貴女が飲むからオーダーすんであって、飲まないならオーダーしません。シャンパンも同様です。 本当に一滴もお酒は飲めない人以外は「焼酎やウイスキーが苦手、キライ」という発言は避けましょう。シャンパンもボトルを入れてくれなくなります。 また、お店によってはドリンクバックがあります。ドリンクバックは、時給とは別にドリンクをオーダーした時につく手当ての事です。これがあるお店は、ボトルをオーダーするより、ドリンクを重ねてドリンクバックで稼ぐほうがお給料になる場合があります。 そんな時は無理にボトルを入れる必要はありません。

まとめ

最新記事

聞き上手になろう!会話のコツとマナーについて
人気キャバ嬢の共通点は、やはり接客サービスが優れていること。ただ単に会話するだけでなく、小さな気づかいや配慮に手を抜かないので印象が良くなる...
キャバクラはシャンパンで稼ぐ!ボトルをおろしてもらう方法
売上を上げるためには、シャンパンなどの高級ボトルをおろすタイプかどうかを見極めるのが重要。キャバクラのシャンパンはとっても高価なお酒なので誰...
「ライン」と「メール」どちらで営業するのがベスト?
お客さまへの営業連絡には、メールとLINEのどちらを使ってもOKです。メールには丁寧な文面で思いを伝えられるというメリットがありますし、LI...
北新地でのお仕事探しのアドバイス♪
大阪の数あるナイトワークのエリアの中でも別格なエリア『北新地』 高級料亭や高級クラブといった高級飲食店が多数営業しており、西日本最大の高級歓...

カテゴリー

接客アドバイス(8)地域別記事(4)業種別記事(1)