困っている女の子へ。キャバ嬢向け会話のポイント!

キャバクラで働いていて、会話に詰まって気まずい想いをするのは辛いですよね。 会話が合わなくて、席に座っているだけで気まずい。指名してくれているお客さんとの会話がもたない、目はスゴク合わせてくるんだけど、このお客さん全然しゃべらない。このようなお客さんの席に着くときついですよね。それでもお客さんに楽しんでもらわないとお給料にも影響するから頑張らないと!と思ったけれども、次のテーブルでも同じようなお客さんにまた着いた。・・キャバクラでは指名が取れなければ時給が下がってしまいます。 時給が下がらないためにも会話や接客術を努力しようとする女の子はたくさんいますが、実はそのような努力をしなくても高時給を稼げる働き方があるんです。キャバクラ派遣の仕事は、指名の女の子のヘルプ業務です。派遣の女の子が指名を取る必要はありませんし、同じお客さんに長時間着くこともないので、会話や接客術に悩むことなく高時給で働けるんです。

一日ひとつネタを考えよう

私がいつもキャバクラの女の子にアドバイスするのは、1日にひとつでよいので、何かネタを考えようということです。1日ひとつでも、3日後には3個になります。1週間で7個のネタができるのです。つまり、1週間ぶりに会うお客さんには7つも会話のネタがあることになります。 会話のネタは今日あった出来事でも、テレビで見たネタでも、友だちから聞いたネタでもよいのです。時間にして5分〜10分程度の話しがベストですが、そんなに長い時間のネタはないというのなら、2〜3分で終わるネタでもかまいません。〇〇ちゃんと話すと、いつも面白い話をしてくれるという印象を相手にあたえる効果があります。とにかく1日に1個、ネタを考えましょう。

お客さんの話を遮らない

よくお客さんが話している最中に、話をさえぎって自分でしゃべってしまう女の子がいます。お客さんが何かしゃべろうとしている時は、どんなにつまらない話でも、また自分が既に熟知している話しでも、最後まで聞くようにしましょう。 人間はしゃべることによってストレスを発散します。お客さんは内にあるモヤモヤをしゃべることによって、ストレスを発散しようとしているのです。それを途中でさえぎると、お客さんはストレスを発散しきれずにフラストレーションが溜まってしまいます。ですから、途中でさえぎらず、最後まで吐き出させてあげることが大切です。聞き上手が話し上手というように、聞き上手にならなければお客さんを癒してあげることはできません。お客さんはストレスを発散するためにお店に来ているのだということを忘れないようにしましょう。

お客さんをほめる

誰でもほめられるとうれしいものです。あなたもほめられた経験はあると思いますが、ほめてくれた相手に対しては、自然と好感がもてるものです。 キャバクラの会話においても、様々なタイミングでお客さんの良いところをほめるようにしましょう。一人のお客さんに対して、最低3箇所は良いところを見つけて褒めてみてください。ただし、容姿を褒めるときは気をつける必要があります。中にはコンプレックスを抱いている人もいるかもしれません。外見を褒めるときは、パーツを褒めるようにします。お客さんが何か考えを言えば「すごい。○○さんって凄いですね」と褒めてあげるのも、いいですよ。

MOSCOW - MAY 31: Lot of packaged beer in warehouse in Ochakovo f

最新記事

聞き上手になろう!会話のコツとマナーについて
人気キャバ嬢の共通点は、やはり接客サービスが優れていること。ただ単に会話するだけでなく、小さな気づかいや配慮に手を抜かないので印象が良くなる...
キャバクラはシャンパンで稼ぐ!ボトルをおろしてもらう方法
売上を上げるためには、シャンパンなどの高級ボトルをおろすタイプかどうかを見極めるのが重要。キャバクラのシャンパンはとっても高価なお酒なので誰...
「ライン」と「メール」どちらで営業するのがベスト?
お客さまへの営業連絡には、メールとLINEのどちらを使ってもOKです。メールには丁寧な文面で思いを伝えられるというメリットがありますし、LI...
北新地でのお仕事探しのアドバイス♪
大阪の数あるナイトワークのエリアの中でも別格なエリア『北新地』 高級料亭や高級クラブといった高級飲食店が多数営業しており、西日本最大の高級歓...

カテゴリー

接客アドバイス(8)地域別記事(4)業種別記事(1)